昔よりも今の方が薄毛は多い?

昔よりも今の方が薄毛は多い?

薄毛に悩まされている人が多いのですが、昔に比べて今のほうが多いのではないかと感じてしまいます。実際のところどうなのかですが、実は昔よりも今のほうが増えています。

昔は、薄毛に悩まされている人の男女割合圧倒的に男性だったのですが、今は女性が増えてきています。男性はさほど変わらないけれども女性が増えてしまったことにより、今のほうが多いです。

その原因となるのが、生活習慣が乱れている人が増えているのと、仕事によるストレスが増えている点です。女性が薄毛に悩まされてしまうことは深刻な問題の一つでもあるので、女性でも十分な薄毛予防をしていき悩まされないようにすることが必要です。

適度にストレス発散、そして生活習慣改善をして予防をしていきましょう。

昭和の時代の薄毛事情

昭和の時代の薄毛事情

昭和の時代から薄毛に悩んでいる人は大勢いましたが、今よりは少なかったと言われています。その理由として食生活が和食中心で、バランスが取れていたことが関係しています。

日本人には和食が最適であり、洋食は脂肪分が多いため日本人にはあまり向いていません。脂肪の摂りすぎによって皮脂分泌が増えると、毛母細胞の成長を妨げてしまいます。

毛母細胞を元気にするためには、常に血流をサラサラにしておく必要があります。血液がサラサラと流れていれば、毛母細胞を元気にすることができるのです。

昭和の時代は薄毛になるのはほとんどが男性であり、女性の薄毛は非常に少なかったです。女性がまだ家にいることが多く、積極的な社会進出以前だったのでストレスが溜まりにくかったのでしょう。

平成の時代の薄毛事情

平成の時代の薄毛事情

平成になって薄毛人口が増えたと言われており、その理由はストレスを感じる人が増えたからです。日々の生活には多少なりともストレスはあるものですが、過度のストレスは何もよいことがありません。

血行障害を引き起こして毛母細胞の元気を奪ってしまい、髪を細くしてしまいます。髪が細くなる理由として栄養障害がありますが、栄養をバランスよく摂取していても血流に問題があるといけません。

平成になって女性の薄毛は急激に増えており、その理由は女性の社会進出にあります。働くということは多くのストレスを受けることになり、それが薄毛につながってしまうのです。

現代人は昔よりも仕事が忙しいと感じる方が増えており、それによる薄毛は確実に増えています。